これからレザークラフトを始める人におすすめしたい道具

レザークラフトで必要な道具 (5)

レザークラフトを趣味として始めようと思っているけど、

どんな道具を揃えればいいか迷っている人にお勧めする道具たちを紹介します。

ここで紹介する道具があれば、大体の作品は作れると思います。

ちなみに、紹介する道具は以下の写真もの(+別たち)です。

レザークラフトで必要な道具 (5)

これだけあればレザークラフトは楽しむことができます。

(思ったより少ないという人も多いんじゃないでしょうか?)

参考にしてみて下さい。

それでは各道具を紹介していきます。

レザークラフトには欠かせない糸をまずは紹介します。

革を手縫いするときには「蠟引き糸」という糸を使います。

この糸が普通の糸と違うところは「蝋(ろう)」でコーティングされているというところです。

「蝋」と「糸」を別々に購入して、自分で糸を蝋でコーティングする方法もありますが、

初めてレザークラフトに挑戦する人は、最初からコーティング済みのロウ引き糸を購入してみるといいと思います。

最初は以下の糸が安くて手ごろでお勧めです。

太さが2種類ありますが、最初は[細]を使ってみるといいと思います。

ShiANの型紙写真に出てきている作品は[細]を使用しています。

菱錐

レザークラフトでは革を縫うための穴を事前に開けておく必要があります。

(針では穴があけられないため)

そのための道具として菱錐を使用します。

これは文字通り「菱型の断面をした錐」です。

レザークラフトの縫い穴は縫い目をきれいに見せるために菱型の縫い穴をあけます。

菱錐を使うときは下敷きとしてコルクボードを用意しましょう。

コルクボードは100均などで手に入るものでも十分使えます。

太さは2種類ありますが、上で紹介した糸[細]を使用するなら、以下の菱錐(細目)がちょうどいいです。

菱目打ちでもいいです

革に縫い穴をあける道具としては、

菱目打ちの方が有名です。

おそらく、ほとんどの人は菱目打ちからスタートすると思います。

菱目打ちはフォークのような形状をしているため、一度に複数の縫い穴をあけることができます。

ただ、ハンマーでたたいて穴をあけるためうるさいです。

趣味でレザークラフトをやるとなると、自宅でやる人がほとんどだと思いますが、

とても夜に菱目打ちの作業はできません。。。なので、菱錐をお勧めします。

菱錐は1本あれば、ほとんどの縫い目に対応できる万能アイテムなので!!

別たち

別たちは革を切るための道具です。

簡単に説明すると、少し特殊な形状のカッターです。

別たちは安いし(500円くらい)、ホームセンターにも売っています。

「革包丁」という専門の道具もありますが、最初は別たちで十分です。

革包丁は切れ味を保持するために「研ぎ」の作業が必要になります。

それに対して、別たちは切れ味が落ちてきたら刃を交換すればいいだけです。

切れ味も十分なので、最初は別たちでいいでしょう。

革を手縫いするときは少し特殊な針を2本使います。

特殊といっても、針の先端が丸くなっているだけです。

針は穴を開けるために使用するわけではないので、とがっている必要がないからです。

また、革に傷をつけにくくするためにも先端が丸くなっています。

 

 

ここまでで紹介した道具だけで、

革を「切る」「穴を開ける」「縫う」ができます。

これだけの道具でも、レザークラフトは楽しむことができますが、

作品をの見栄えをよくするために、これから紹介する道具くらいは買ってもいいと思います。

トコノール

革の毛羽立ちを抑えるための薬品です。

革の裏面(床面)や切り口(コバ)にトコノールを塗って、

専用の道具で磨くことで、毛羽立ちを抑えることができます。

色は3種類ありますが、とりあえず一番使用頻度の高い「無色」を購入するといいでしょう。

コバ磨き

革の切り口(コバ)を磨くために使用する道具です。

木材に溝がついたものです。

自作する人も多いですが、最初は既製品を買ってみるといいかと思います。

ヘチマたわしでも代用可能です。

ガラス板

革の裏面を磨くために使用します。

角のとがっていないガラス製のコップなどでも代用可能です。

ヘリ落とし

革の切り口を丸くするために使用します。

このヘリ落としはあまり安物は買わない方がいいです。

安物だと全然切れないこともありますので。。。

大きさがいろいろとありますが、とりあえずNo2を購入するといいと思います。

まとめ

このページで紹介した道具を揃えれば、

レザークラフトの基本である

「革を切る」「革を縫う」

という作業はできます。

これさえできれば、ブックカバーや名刺入れ、財布などいろいろなものを作ることができます。

レザークラフト型紙専門店「ShiAN」では、

型紙ごとにこのページで紹介した道具以外にどんな道具が必要かを書いているので、

作りたいものに合わせて道具を買い足していくといいと思います。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ブログ一覧